京 伝統の味や思いがけない関連商品の紹介。お買い得品や掘り出し物も見つかる京料理がテーマのサイト。

47都道府県・地野菜/伝統野菜百科

4104

価格

4,104円

商品概要

各種ビタミン類、ミネラル類、その他の機能性成分や食物繊維を含み、見た目の愛らしさ・たくましさ、色や味の多様性など多くの魅力を持つ地野菜・伝統野菜。本書では、日本各地のバリエーションに富む地野菜・伝統野菜について、ルーツ、特色からそれを用いた料理までを、都道府県ごとに解説する。地産地消・食育の観点からも注目される地野菜・伝統野菜の全貌がわかるユニークな百科。第1部 概説(日本人と野菜;日本の野菜の原

商品の詳細説明

各種ビタミン類、ミネラル類、その他の機能性成分や食物繊維を含み、見た目の愛らしさ・たくましさ、色や味の多様性など多くの魅力を持つ地野菜・伝統野菜。本書では、日本各地のバリエーションに富む地野菜・伝統野菜について、ルーツ、特色からそれを用いた料理までを、都道府県ごとに解説する。地産地消・食育の観点からも注目される地野菜・伝統野菜の全貌がわかるユニークな百科。第1部 概説(日本人と野菜;日本の野菜の原産;地野菜と伝統野菜;京野菜と加賀野菜;新野菜;野菜の安全性)第2部 都道府県別地野菜・伝統野菜とその特色(北海道;青森県;岩手県;宮城県;秋田県;山形県;福島県;茨城県;栃木県;群馬県;埼玉県;千葉県;東京都;神奈川県;新潟県;富山県;石川県;福井県;山梨県;長野県;岐阜県;静岡県;愛知県;三重県;滋賀県;京都府;大阪府;兵庫県;奈良県;和歌山県;鳥取県;島根県;岡山県;広島県;山口県;徳島県;香川県;愛媛県;高知県;福岡県;佐賀県;長崎県;熊本県;大分県;宮崎県;鹿児島県;沖縄県)付録有効成分を多く含み、色や味の多様性など多くの魅力を持つ地野菜・伝統野菜。日本各地のバリエーションに富むそれらの野菜について、ルーツ、特色から食べ方までを、都道府県ごとにまとめたユニーク百科。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

【婦人画報】湯葉丼の具 8袋入り

3283

価格

3,283円

商品概要

京都を代表する伝統的な食材、湯葉には、女性に嬉しいイソフラボンやタンパク質などが詰まっています。そんな湯葉を手軽に堪能できる「湯葉丼の具」は、一人ごはんや時間がない日の昼食にぴったり。比叡山延暦寺御用達の湯葉専門店「ゆば八」の濃厚な生湯葉に、利尻昆布出汁とかつお出汁を合わせた深みのあるあんが、とろりと白飯を包み込みます。柚子が香る、京ならではのやさしい味わいにほっこり癒されてください。

商品の詳細説明

京都を代表する伝統的な食材、湯葉には、女性に嬉しいイソフラボンやタンパク質などが詰まっています。そんな湯葉を手軽に堪能できる「湯葉丼の具」は、一人ごはんや時間がない日の昼食にぴったり。比叡山延暦寺御用達の湯葉専門店「ゆば八」の濃厚な生湯葉に、利尻昆布出汁とかつお出汁を合わせた深みのあるあんが、とろりと白飯を包み込みます。柚子が香る、京ならではのやさしい味わいにほっこり癒されてください。

リンク先 > 婦人画報のお取り寄せ 様(外部サイト)

京料理炊き合わせ

3240

価格

3,240円

商品概要

睦月如月弥生卯月皐月水無月文月葉月長月神無月霜月師走小鍋味暦料理の味を決める 基本の出汁のとり方器で料理を演出する。季節の料理を彩る むきもの・飾り切り日本料理の中でも人気の京料理。「京料理の炊き合わせ」は食材づかい、だし、味付け、盛付けなどの技術が揃って完成する。本書は、伝統の京料理の炊き合わせの基本と進化形を丁寧に解説。

商品の詳細説明

睦月如月弥生卯月皐月水無月文月葉月長月神無月霜月師走小鍋味暦料理の味を決める 基本の出汁のとり方器で料理を演出する。季節の料理を彩る むきもの・飾り切り日本料理の中でも人気の京料理。「京料理の炊き合わせ」は食材づかい、だし、味付け、盛付けなどの技術が揃って完成する。本書は、伝統の京料理の炊き合わせの基本と進化形を丁寧に解説。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

江戸東京野菜 図鑑篇

3024

価格

3,024円

商品概要

東京には、いい食材がある。復活した江戸東京野菜17種の由来と栽培法、姿形、味覚をカラーで紹介。仕掛け人、語る(「農」大竹道茂;「流通」野田裕;「食」野永喜一郎)江戸東京野菜図鑑(亀戸大根;練馬大根;大蔵大根;金町小かぶ;東京長かぶ;馬込三寸人参;谷中しょうが;滝野川ごぼう;伝統小松菜;しんとり菜;のらぼう菜;下山千歳白菜;新宿一本ねぎ;馬込半白きゅうり;奥多摩わさび;東京うど;つまもの)東京には、

商品の詳細説明

東京には、いい食材がある。復活した江戸東京野菜17種の由来と栽培法、姿形、味覚をカラーで紹介。仕掛け人、語る(「農」大竹道茂;「流通」野田裕;「食」野永喜一郎)江戸東京野菜図鑑(亀戸大根;練馬大根;大蔵大根;金町小かぶ;東京長かぶ;馬込三寸人参;谷中しょうが;滝野川ごぼう;伝統小松菜;しんとり菜;のらぼう菜;下山千歳白菜;新宿一本ねぎ;馬込半白きゅうり;奥多摩わさび;東京うど;つまもの)東京には、いい食材がある。江戸は野菜の大生産地であった。加賀や京野菜に劣らない、個性豊かな江戸東京野菜17種の由来と栽培法、姿形と味をカラーで紹介する。地球に優しい食文化への理解と発展につながる1冊。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

【婦人画報】京都大納言のお赤飯

2786

価格

2,786円

商品概要

伝統食材を研究し、化学調味料・保存料・化学色素などを使わない、自然な味を作り続ける大阪の「益広」。食材に対する実直な姿勢が評価され、全国にファンを増やし続けています。「益広」の赤飯は、京都の大納言小豆と、佐賀のひよくもち米を蒸したもの。もち米だけで蒸すお赤飯は、なかなか見られませんが、これはひよくもち米100%で蒸し上げているため、感動のもちもち感を味わっていただけます。小豆の煮汁で染め上がった米は美しさもひとしお。職人がこだわり抜いた本物のおいしさを、冷凍のまま電子レンジで温めるだけで味わえます。

商品の詳細説明

伝統食材を研究し、化学調味料・保存料・化学色素などを使わない、自然な味を作り続ける大阪の「益広」。食材に対する実直な姿勢が評価され、全国にファンを増やし続けています。「益広」の赤飯は、京都の大納言小豆と、佐賀のひよくもち米を蒸したもの。もち米だけで蒸すお赤飯は、なかなか見られませんが、これはひよくもち米100%で蒸し上げているため、感動のもちもち感を味わっていただけます。小豆の煮汁で染め上がった米は美しさもひとしお。職人がこだわり抜いた本物のおいしさを、冷凍のまま電子レンジで温めるだけで味わえます。

リンク先 > 婦人画報のお取り寄せ 様(外部サイト)

京料理「仕出し」教本

2700

価格

2,700円

商品概要

京料理の仕出しとは四季の仕出し料理精進料理節句と仕出し祝儀・不祝儀の仕出し記念日と仕出し仕出し料理の基本技術旬の味と伝統的な献立十二カ月仕出しの歴史と基礎知識をはじめ、四季の仕出し料理、節句と仕出し、仕出し料理の基本技術などを紹介した仕出し教本。新しい試みも入れながら、伝統的な仕事も丁寧に紹介。仕出しの仕事を伝える1冊。

商品の詳細説明

京料理の仕出しとは四季の仕出し料理精進料理節句と仕出し祝儀・不祝儀の仕出し記念日と仕出し仕出し料理の基本技術旬の味と伝統的な献立十二カ月仕出しの歴史と基礎知識をはじめ、四季の仕出し料理、節句と仕出し、仕出し料理の基本技術などを紹介した仕出し教本。新しい試みも入れながら、伝統的な仕事も丁寧に紹介。仕出しの仕事を伝える1冊。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

体験する京都 続

2700

価格

2,700円

商品概要

2000年に初版発行した『体験する京都』の続編。新しい情報やユニークな物件、前回とり上げることができなかった物件等を、徹底取材。その数245件。京の"ものつくり"体験工場&施設見学ここに行けば京都の歴史・文化がわかる!京の伝統文化・自然にふれる体験お茶・和菓子の文化を学ぶ神社仏閣で体験関西・近畿のユニーク体験京の技と味を知る修学旅行生に優しいランチ&お弁当の店特徴ある建物でほっこり修学旅行生におす

商品の詳細説明

2000年に初版発行した『体験する京都』の続編。新しい情報やユニークな物件、前回とり上げることができなかった物件等を、徹底取材。その数245件。京の"ものつくり"体験工場&施設見学ここに行けば京都の歴史・文化がわかる!京の伝統文化・自然にふれる体験お茶・和菓子の文化を学ぶ神社仏閣で体験関西・近畿のユニーク体験京の技と味を知る修学旅行生に優しいランチ&お弁当の店特徴ある建物でほっこり修学旅行生におすすめ京のショップ

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

京都町なかの暮らし

2376

価格

2,376円

商品概要

京都の町を歩く。昔、住んでいた東山三条古川町、南座裏、南禅寺かいわい。変化しているとはいえ、まだまだ昔の姿が残っている京都。そして新村出、柳宗悦、河井寛次郎らの学者、文化人から日々の暮らしになくてはならぬ商いびとや職人さんまで、よき縁を結んだ人びととの出会い。家庭料理の味、おいしい食べもの屋さん、京野菜や漬物を食べるしあわせ、奥の深い京菓子などを描いた食べぐらしをはじめ、寿岳家二代にわたる60年の

商品の詳細説明

京都の町を歩く。昔、住んでいた東山三条古川町、南座裏、南禅寺かいわい。変化しているとはいえ、まだまだ昔の姿が残っている京都。そして新村出、柳宗悦、河井寛次郎らの学者、文化人から日々の暮らしになくてはならぬ商いびとや職人さんまで、よき縁を結んだ人びととの出会い。家庭料理の味、おいしい食べもの屋さん、京野菜や漬物を食べるしあわせ、奥の深い京菓子などを描いた食べぐらしをはじめ、寿岳家二代にわたる60年の京都での生活を通して、伝統的で新しい、しなやかでしたたかな京都人特有の暮らしぶりを浮き彫りにする。沢田重隆の美しい八十余点の精密画とあいまって、日本の古都・京都の素顔が楽しくうかがえる得がたい画文集!京都、わが家の住ぐらし京都、わが家の衣ぐらし京都、わが家の食べぐらし京都、わが家の心ぐらし

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

佳い店佳い味おぼえがき

2160

価格

2,160円

商品概要

北海道から沖縄まで―とっておきの「おいしいもの」を訪ね歩いた食味エッセイ。春から初夏へ(神奈川(小田原・マリークロード)―土地の素材のフランス料理;奈良(春日野・森奈良漬店)―古都千年の味 ほか)夏から初秋へ(京都(紫野・和久傳)―蓮根菓子・西湖;北海道(十勝・共働学舎新得農場)―"日本"のチーズ ほか)秋から初冬へ(豊京(世田谷・オーボンヴュータン)―伝統のガトー・ピレネー;大分(由布院・無量塔

商品の詳細説明

北海道から沖縄まで―とっておきの「おいしいもの」を訪ね歩いた食味エッセイ。春から初夏へ(神奈川(小田原・マリークロード)―土地の素材のフランス料理;奈良(春日野・森奈良漬店)―古都千年の味 ほか)夏から初秋へ(京都(紫野・和久傳)―蓮根菓子・西湖;北海道(十勝・共働学舎新得農場)―"日本"のチーズ ほか)秋から初冬へ(豊京(世田谷・オーボンヴュータン)―伝統のガトー・ピレネー;大分(由布院・無量塔)―野趣に富む地鶏鍋 ほか)冬そして歳晩(東京(元赤坂・辻留料理塾)―日本料理の真髄;鹿児島(南薩摩・山野井)―合鴨の生ハム ほか)処処に佳き味あり。訪ねて味わう、これ至上の悦びなり。壱岐の赤ウニ、島根の落鮎、江戸前焼き海苔、やんばる島豚。北海道から沖縄まで、うつろう季節の折々に、とっておきのおいしいものを訪ね歩いた食味エッセイ。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

ビジュアルワイド新日本風土記 28

2160

価格

2,160円

商品概要

日本を代表する名城、姫路城。六甲や須磨の自然と神話の島、淡路島。歴史ある灘の酒づくりや、異国情緒漂う神戸の異人館など、兵庫県の全てをビジュアルに紹介。第1章 自然と地形(空から見た神戸市;但馬海岸とため池;六甲と須磨;神話の島 淡路島;有馬温泉と城崎温泉)第2章 歴史と事件(銅鐸と大墳墓;平清盛と福原京;姫路城と池田輝政;赤穂浪士討ち入り;神戸開港;兵庫県歴史絵年表)第3章 産業と経済(発展を続け

商品の詳細説明

日本を代表する名城、姫路城。六甲や須磨の自然と神話の島、淡路島。歴史ある灘の酒づくりや、異国情緒漂う神戸の異人館など、兵庫県の全てをビジュアルに紹介。第1章 自然と地形(空から見た神戸市;但馬海岸とため池;六甲と須磨;神話の島 淡路島;有馬温泉と城崎温泉)第2章 歴史と事件(銅鐸と大墳墓;平清盛と福原京;姫路城と池田輝政;赤穂浪士討ち入り;神戸開港;兵庫県歴史絵年表)第3章 産業と経済(発展を続ける工業;国際貿易港;農業と水産業;歴史のある伝統的産業;灘の酒づくり;生活感豊かな特産品)第4章 生活と文化(神戸の異人館;甲子園と宝塚;兵庫県の祭り;淡路人形浄瑠璃;兵庫県の味;兵庫県名所絵地図)第5章 郷土の人物(浅野家の忠臣大石良雄;江戸時代後期の海運業者高田屋嘉兵衛;日本民俗学の創始者柳田国男;童謡「赤とんぼ」の作詩者三木露風)

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

武者小路千家ゆかりの京の味と季の心

2052

価格

2,052円

商品概要

春は花に酔い、夏は風に揺れ、秋は月を愛で、冬は雪に遊ぶ。おりおりの味と暮らしの愉しみ案内。四月―卯月 春、花に酔う五月―皐月 初夏の兆し六月―水無月 夏越しの知恵七月―文月 盛夏の一興八月―葉月 夏の終わり九月―長月 重陽の節会十月―神無月 名残の茶趣十一月―霜月 初冬の気配十二月―師走 歳暮の装い一月―睦月 伝統への感謝二月―如月 節会の早春賦三月―弥生 花薫る、別れの季節京には季節を届けてくれ

商品の詳細説明

春は花に酔い、夏は風に揺れ、秋は月を愛で、冬は雪に遊ぶ。おりおりの味と暮らしの愉しみ案内。四月―卯月 春、花に酔う五月―皐月 初夏の兆し六月―水無月 夏越しの知恵七月―文月 盛夏の一興八月―葉月 夏の終わり九月―長月 重陽の節会十月―神無月 名残の茶趣十一月―霜月 初冬の気配十二月―師走 歳暮の装い一月―睦月 伝統への感謝二月―如月 節会の早春賦三月―弥生 花薫る、別れの季節京には季節を届けてくれる"おいしいもん"がたくさんある。春は花に酔い、夏は風に揺れ、秋は月を愛で、冬は雪に遊ぶ…。京都に生まれ育った著者が、その思い出や慣れ親しんだ味を、季節を追って振り返った1冊。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

京料理人,四百四十年の手間

1944

価格

1,944円

商品概要

織田信長の安土築城と時を同じくして創業された京都屈指の老舗・山ばな平八茶屋。夏目漱石や北大路魯山人に愛された創業以来の名物・麦飯とろろ汁。料理とは「手間の文化」という二十代当主が「一子相伝」の精進の道を語る。序章 四百四十年の商魂(わずか六年で焼失した天下城、四百四十年続く京の茶屋;交通の要所「山端」と鯖街道 ほか)第1章 「京料理」は工夫と家業の文化(「京料理」と言われ出したのは戦後から;京料理

商品の詳細説明

織田信長の安土築城と時を同じくして創業された京都屈指の老舗・山ばな平八茶屋。夏目漱石や北大路魯山人に愛された創業以来の名物・麦飯とろろ汁。料理とは「手間の文化」という二十代当主が「一子相伝」の精進の道を語る。序章 四百四十年の商魂(わずか六年で焼失した天下城、四百四十年続く京の茶屋;交通の要所「山端」と鯖街道 ほか)第1章 「京料理」は工夫と家業の文化(「京料理」と言われ出したのは戦後から;京料理は「水」が命 ほか)第2章 山ばな平八茶屋の魂と暖簾(百年前もいまも平八茶屋は麦飯とろろ汁;革新は少しずつ、少しずつ ほか)第3章 当主としての試練が始まる(大人しいけれど、負けん気は強い;岐路の判断を仰ぐ-人生の師・伊達一郎先生のこと ほか)第4章 「生きる」を極め、「京料理」に尽す(「信号待ち」、初めての経験;「つくる」を接点に広がる縁 ほか)終章 時流に迎合せず、時代に必要とされる料理をつくる(あたりを知る;自分が信じる料理をつくる ほか)織田信長の安土城築城と時を同じくして創業された京都屈指の老舗・山ばな平八茶屋。京の食の大動脈であった若狭街道(サバ街道)沿いの茶屋として、長きにわたって京(みやこ)の人々に新鮮な料理を提供してきました。岩倉具視、夏目漱石、北大路魯山人など多くの著名人や文化人に愛された創業以来の名物・麦飯とろろ汁の味へのこだわり、そして老舗料亭の伝統と革新について二十代当主が語ります。料理とは「手間の文化」。厳しい修業を経て、代々受け継がれてきた「一子相伝」の精進の道をお伝えします。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

すぐできる産地風やきものの作り方

1944

価格

1,944円

商品概要

古陶の窯変・民芸の釉掛け・繊細な絵付け―やきもの作りが趣味の人なら誰でも一度は挑戦したい日本各地の伝統的なやきものの味わいを、電気窯で実現。酸化焼成で作る土味(益子焼;美濃焼・織部 ほか)還元焼成で作る染付(砥部焼;壺屋焼)さや鉢焼成の焼締(信楽焼;伊賀焼 ほか)磁器の上絵付け(九谷焼;京焼 ほか)古陶の窯変・民芸の釉掛け・繊細な絵付け…。やきもの作りが趣味の人なら誰でも1度は挑戦したい、日本各地

商品の詳細説明

古陶の窯変・民芸の釉掛け・繊細な絵付け―やきもの作りが趣味の人なら誰でも一度は挑戦したい日本各地の伝統的なやきものの味わいを、電気窯で実現。酸化焼成で作る土味(益子焼;美濃焼・織部 ほか)還元焼成で作る染付(砥部焼;壺屋焼)さや鉢焼成の焼締(信楽焼;伊賀焼 ほか)磁器の上絵付け(九谷焼;京焼 ほか)古陶の窯変・民芸の釉掛け・繊細な絵付け…。やきもの作りが趣味の人なら誰でも1度は挑戦したい、日本各地の伝統的なやきものの味わいを電気窯で実現。裏技と必要な知識満載の画期的な実用書。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

京都・瓢亭四季の日本料理

1944

価格

1,944円

商品概要

400年の歴史と伝統を受け継ぐ京の老舗料亭・瓢亭の洗練された味と技。春(若竹煮;えんどう豆のくずとじ ほか)夏(なすの揚げ煮;なすの柚子みそがけ ほか)秋(里芋のあられ揚げ 鶏そぼろあん;里芋と白身魚の梅炊き ほか)冬(ぶり大根;ぶりのみそ幽庵焼き ほか)正月料理(たたきごぼう;数の子のみりんかす漬け ほか)京都・瓢亭に学ぶ、四季折々の日本料理と料理人の技を生かした和のおかず。春・夏・秋・冬・正月

商品の詳細説明

400年の歴史と伝統を受け継ぐ京の老舗料亭・瓢亭の洗練された味と技。春(若竹煮;えんどう豆のくずとじ ほか)夏(なすの揚げ煮;なすの柚子みそがけ ほか)秋(里芋のあられ揚げ 鶏そぼろあん;里芋と白身魚の梅炊き ほか)冬(ぶり大根;ぶりのみそ幽庵焼き ほか)正月料理(たたきごぼう;数の子のみりんかす漬け ほか)京都・瓢亭に学ぶ、四季折々の日本料理と料理人の技を生かした和のおかず。春・夏・秋・冬・正月料理まで、伝統の味と極上のレシピ69品を豊富なプロセス写真とともに紹介する。〈受賞情報〉グルマン世界料理本大賞Japanese部門グランプリ(2016)

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

外食産業を創った人びと

1944

価格

1,944円

商品概要

1970年を軸に起業した日本の外食産業の19人の貴重な体験や情報をまとめた外食産業の記録。第1部 外食産業を創った人びと(外食をファッションにした男―日本マクドナルド/藤田田;ファミレスブームの仕掛け人―すかいらーく/横川端、茅野亮、横川竟、横川紀夫;日本流でチキンファン拡大―日本ケンタッキー・フライド・チキン/大河原毅;初心貫いた和製外食王―ロイヤル/江頭匡一;給食事業、出発は学生寮―グリーンハ

商品の詳細説明

1970年を軸に起業した日本の外食産業の19人の貴重な体験や情報をまとめた外食産業の記録。第1部 外食産業を創った人びと(外食をファッションにした男―日本マクドナルド/藤田田;ファミレスブームの仕掛け人―すかいらーく/横川端、茅野亮、横川竟、横川紀夫;日本流でチキンファン拡大―日本ケンタッキー・フライド・チキン/大河原毅;初心貫いた和製外食王―ロイヤル/江頭匡一;給食事業、出発は学生寮―グリーンハウス/田沼文蔵;流行語になった「早い」「うまい」「安い」―吉野家/松田瑞穂;伝統の京料理をお手軽に―美濃吉/佐竹宰始;ビヤホール育ての親―ニュートーキョー/森新太郎;和魂洋才のハンバーガー―モスフードサービス/桜田慧;外食産業と農業の連携、推進―氷雪の門/新道喜久治;システム化で社用族拡大―大和実業/岡田一男;長崎ちゃんぽんを全国区に―リンガーハット/米浜鉦二;四・五坪からの出発、語り続けた夢―がんこフードサービス/小嶋淳司;店は劇場、お客様が主人公―あさくま/近藤誠司;食の心に科学を導入―京樽/田中博;割烹の味を居酒屋に―テンアライド/飯田保;持ち帰りで寿司を大衆化―小僧寿し/山木益次;働く人のための鍋屋―サト/重里進;北陸にラーメンチェーン王国―ハチバン/後藤長司)第2部 外食産業の三〇年(社会の変化を映し、移り変わる業種・業態;日本フードサービス協会/内向きから社会を意識した活動へ)

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

しかけにときめく「京都名庭園」

1728

価格

1,728円

商品概要

日本はもとより、世界の人々から愛される街・京都。その魅力の大きな要素となっているのが数々の寺院、そして日本の美意識の結晶とも言える庭園です。 2018年3月に刊行された「しかけに感動する『京都名庭園』」は、京都の名庭園の歴史やエピソードなどを、豊富な写真とともに紹介し好評を得ました。本書はその第2弾として、前書と同じく庭園デザイナーの烏賀陽百合氏が、京都在住のカメラマン三宅徹氏の写真とともに京都の名庭を

商品の詳細説明

日本はもとより、世界の人々から愛される街・京都。その魅力の大きな要素となっているのが数々の寺院、そして日本の美意識の結晶とも言える庭園です。 2018年3月に刊行された「しかけに感動する『京都名庭園』」は、京都の名庭園の歴史やエピソードなどを、豊富な写真とともに紹介し好評を得ました。本書はその第2弾として、前書と同じく庭園デザイナーの烏賀陽百合氏が、京都在住のカメラマン三宅徹氏の写真とともに京都の名庭を紹介します。主に「石」をテーマに各庭園を読み解き、作庭家が庭園に込めた世界観、思いに迫ります。日本庭園は、水や借景をどう活かすか、建物との関係をどう表現するかなど、さまざまな創意工夫で作られている。それぞれの時代の人々の美意識が集まり、工夫された結果、今の日本庭園がある。何百年もの間の日本人の美意識の蓄積なのだ。だからこそ日本庭園は、私達の心をときめかせる。ーはじめにより■目次<掲載庭園>修学院離宮曼殊院西村家庭園天龍寺宝厳院常照皇寺妙蓮寺妙心寺東林院青蓮院東福寺龍吟庵大徳寺龍源院東福寺芬陀院酬恩庵正伝寺高台寺圓徳院妙心寺桂春院法輪寺白沙村荘北村美術館四君子苑ウェスティン都ホテル京都清水寺成就院<京都人のしかけコラム>その一 大文字と京都人その二 あぶり餅とお雑煮の味その三 京都の市バスは京都の縮図その四 今も暮らしに生きる宮中の女房言葉その五 「経験」が作る京都の庭の美その六 初釜で着た祖母の着物<京都おすすめひといきスポット>「極上の料理と庭を堪能する」南禅寺参道 菊水「平安時代からの庭を見ながらお茶を」フォーシーズンズホテル京都 ザ・ラウンジ&バー「旬の野菜を炭火焼で楽しむ」yasai hori「伝統京料理を町屋で味わう」亀甲屋「抹茶問屋が提供する最高級抹茶のスイーツ」祇園 北川半兵衞「和菓

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

ローカル線の味

1728

価格

1,728円

商品概要

街で味わえない高級・B級グルメから、からだによさそうな健康食まで、気楽で快適な鉄道と食の旅案内。北海道・東北ローカル線の味(湖畔の北欧風の建物が旅情を誘う山の幸の料理が楽しみな秘湯の宿―北海道ちほく高原鉄道;シラカバの街道の先に十勝岳を仰ぐ雄大な展望の高原リゾートの温泉地―富良野線;茶褐色の山の湯に立ち寄って海の見える郷で味わう魚介料理―江差線 ほか)関東・甲信越ローカル線の味(焼物の里で出会う釜

商品の詳細説明

街で味わえない高級・B級グルメから、からだによさそうな健康食まで、気楽で快適な鉄道と食の旅案内。北海道・東北ローカル線の味(湖畔の北欧風の建物が旅情を誘う山の幸の料理が楽しみな秘湯の宿―北海道ちほく高原鉄道;シラカバの街道の先に十勝岳を仰ぐ雄大な展望の高原リゾートの温泉地―富良野線;茶褐色の山の湯に立ち寄って海の見える郷で味わう魚介料理―江差線 ほか)関東・甲信越ローカル線の味(焼物の里で出会う釜めしの故郷と無添加を守り抜く伝統と本物の味―真岡鉄道;渡良瀬川の山と渓をぬう小さな列車・温泉と田舎の味を楽しんだ1日の旅―わたらせ渓谷鉄道;月夜野町で開発した真沢の森 お目当ては「つみ草料理」だ―上越線 ほか)東海・近畿ローカル線の味(天然天竜鮎が食べられる京懐石の店とロブスターづくしの国民宿舎奥浜名湖―天竜浜名湖鉄道;港を見おろす高台の白壁の宿で、タイや伊勢エビなど魚介を豊富に―近鉄志摩線;樽見鉄道で淡墨桜とともに手作りの山菜料理を楽しむ―樽見鉄道 ほか)西日本ローカル線の味(あったか人情路線は宍道湖北岸の風物詩―一畑電鉄;四国路の波止浜公園から来島海峡を眺め瀬戸内海の生きのいい魚介料理を楽しむ―予讃線;別府の上人浜の砂湯を楽しんだあと名物のだんご汁とやせうまを味わう―日豊本線 ほか)

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

京のほんまもん

1677

価格

1,677円

商品概要

コピーの時代と言われて久しい昨今、ひとやモノ、そしてそれらを包括する文化についても"ほんまもん"は稀少である。本書は第一線で活躍する学者、作家、芸術家、実業家…と多彩な執筆者が、それぞれの立場で京都に寄せる思いを綴った京都発信の京都文化論である。ことば(京と京ことば;息子の京ことば ほか)味(京のおばんざいと暮らしの知恵;独活の教え ほか)まち(京都とパリ;青春の街・京都 ほか)芸術(松園とその母

商品の詳細説明

コピーの時代と言われて久しい昨今、ひとやモノ、そしてそれらを包括する文化についても"ほんまもん"は稀少である。本書は第一線で活躍する学者、作家、芸術家、実業家…と多彩な執筆者が、それぞれの立場で京都に寄せる思いを綴った京都発信の京都文化論である。ことば(京と京ことば;息子の京ことば ほか)味(京のおばんざいと暮らしの知恵;独活の教え ほか)まち(京都とパリ;青春の街・京都 ほか)芸術(松園とその母―生家の周辺;竹のかたち ほか)ひと(京おとこ;京おんな ほか)伝統(京都の伝統;"ほんまもん"と京の知慧 ほか)さきがけ(京都ブランド;京都の中小企業 ほか)

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

本物の京の老舗144

1620

価格

1,620円

商品概要

本書は、創業100年前後を中心に、老舗がひしめく京都に暮らす人々に、今なお根強く支持されている老舗を紹介している。京の老舗店舗紹介京都で出会う伝統の味受け継がれる匠の技京の老舗との付き合い方地図

商品の詳細説明

本書は、創業100年前後を中心に、老舗がひしめく京都に暮らす人々に、今なお根強く支持されている老舗を紹介している。京の老舗店舗紹介京都で出会う伝統の味受け継がれる匠の技京の老舗との付き合い方地図

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

脱サラ就農、九条ねぎで年商10億円

1620

価格

1,620円

商品概要

経験や勘に頼る農業から「産業」への転換 「農」がひらく新しい可能性。農業で起業したい人たちへの生きたメッセージ。1章 営業マンが「ねぎや」に転身2章 苦難と試練を超えて3章 「こと京都」らしさとは4章 京都から伝統と味をお届けします5章 日本の農業の健全な発展のために6章 食と農の未来をになう7章 さらなる飛躍を経験や勘に頼る農業から、「産業」への転換。脱サラして京の伝統野菜「九条ねぎ」のブランド

商品の詳細説明

経験や勘に頼る農業から「産業」への転換 「農」がひらく新しい可能性。農業で起業したい人たちへの生きたメッセージ。1章 営業マンが「ねぎや」に転身2章 苦難と試練を超えて3章 「こと京都」らしさとは4章 京都から伝統と味をお届けします5章 日本の農業の健全な発展のために6章 食と農の未来をになう7章 さらなる飛躍を経験や勘に頼る農業から、「産業」への転換。脱サラして京の伝統野菜「九条ねぎ」のブランドに取組み、農林水産大臣賞など数々の賞を受賞した著者による、農業で起業したい人たちへの生きたメッセージ。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)